FC2ブログ

「効率を上げる」と「スピードを上げる」

働き方改革は生産性の向上。

生産性を高めるには、仕事の効率を上げるしかない。
決してみんなで残業削減の大合唱をすることではない。

機械であれば、台数を増やすかスピードを上げることで生産量は増えるかもしれない。

人間がやる仕事ならどうだろう?
一日で行っていた仕事を半日で終わらせようと思ったら?

多くの人が今の仕事にかかる時間を減らそうと考えるのではないか。
つまりスピードを上げるという選択。

しかし、実際にやってみたことがある人なら分かると思うが、
どんなに速く処理したと思っても、とうてい半分の時間で済むようにはならない。

なぜかというと、そこには仕事の棚卸が存在していないから。

もしかしたら、本来自分がやるべきでないこと、やらなくても大して影響が出ないことを一生懸命やっているかもしれない。

要は仕事の密度が薄い状態と言える。この状態だと時間がいくらあっても足りない。

本当に効率を上げようとするならば、
その密度を濃くすることによって、時間を短縮することの方が正しい。


目の前の仕事をいかに速く仕上げるかを考えるのではなく、
その仕事は本当に必要かどうかを考える。


入口は必ず仕事の取捨選択から始める。









スポンサーサイト



管理職に必要な能力

ある社長のことば。



過去の経験と知識は使えない。

それは作業者としてなら良い。
今まで仕事を通して覚えたことを部下に教えられる。

しかし、マネジメントする立場の人間は、
自ら勉強しないとその役割を果たせない。

管理職に必要なことは、勉強する時間を惜しまないこと。

自分を変えるには、「本を読む」か「話を聞く」しかない。
自分が変わると、相手は気づく。
相手に気づかせることが大事。

なぜ自分はこれを言うのか納得してもらわないといけない。
「聞く力と伝える力」。
つまりコミュニケーション能力が管理職には必要。



揚げ物が大好きなあなたに【イージータブレット ターミナリア】


あなたに言われたくない


役職が同じで年齢も近い人には、たとえ良いアドバイスだとしても、
素直に聞きたくないときがある。

なぜか?


ふと思いついたのが、次のような結論。

「人は同じレベル(役職)の人からは、分かったようなことを言われたくない。」




何が一流なのか?



一流と言っても何が一流なのか?

分かっている人は説明できる。
分からない人は説明できない。

・原料が一流?
・製造方法が一流?
・販売員が一流?
・味が一流?
・店舗が一流?

「これは●●が一流なんです。」
と言えなければいけない。


すべてとか全体的にというのは知らない証拠。

ありのまま正確に伝えられないとそれはウソになる。


専門機関の声から生まれた信頼のスカルプエッセンス








人は楽な方に走ってしまう

あなたが企業の採用担当者だったとしたら、

どちらの人間を採用したいと思うだろうか?



・自分の能力を頑張って磨こうとしている人

・「自分には能力がある」と誇大して言う人



そんな人がいたら要注意。

良くもないものを良く見せることに良心が傷まないということ。

その考え方が残念。




例えば、

髪型をチャラチャラといじって、ファッションでごまかす方が楽だし簡単にモテそうな気がするし、

苦労して自分を磨くよりも、良く見せることの方が楽。

だからそっちに走ってしまう。




商売も同じ。

「商品を良く見せるから売れる」のではなく、

正しくは「良い商品だから売れる」。



もし、良く見せることだけに注力するような会社があったら、

そんな会社は淘汰されていく。



「良く見せる」とは「相手をだます」こと。




一時的に利益を得られても、維持することが難しくなる。

次第に苦しくなる。



長期的に見れば、「良く見せる」ことを追求した会社よりも、

「よくする」ことを追求した会社が上を行くことになる。




プロフィール

おとdrra

Author:おとdrra
おとのビジネス日記へようこそ!
日々の気づきや思ったことをアップしています。
ジャンルを問わず幅広く更新していきます。

みんな寒くなるとすぐに長袖着るんです。
こっちは1年のほとんどを半袖で過ごしてるっていうのに・・・。
一番ツライのは暑さ寒さよりもみんなの視線がイタイこと。
そんな絶好調に刺さる季節が近づいてます!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR