FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル上司が会社を壊す

人手不足長期化、人材の囲い込み、社員教育、育成重視への転換、残業ゼロ、定時退社・・・・
働くことに関するさまざまなキーワードがあふれています。
ひとつ言えることは、
昔と違って「あるだけの仕事をやれるだけやる」という時代は終わったということです。
時代が確実に変化しています。
何もしないこと。現状維持はすなわち衰退を意味します。
決められた(限られた)時間の中で、いかに生産性を高めて、成長するかが重要になってきました。

特に会社の中では、上司の役割が大きくなっています。
今までの考え方、意識の転換に迫られるでしょう。
現在五十代前後の方は、バブル期に入社し、比較的順調にポストと部下を与えられ、
今のポジションまで進んでこられた方が多いのではないでしょうか。
「仕事は雨あられのように次々と降ってくるので、それをさばいていくのが仕事。」
「仕事は部下にやらせる。自分は仕事を振り分けるのが仕事。」
かつては、このような考えでも、就職市場は買い手有利だったので、若く安い人材が集まってきて、
残る人だけでそれとなくやっていけました。

しかし、これからは上司の役割が少し変わってきます。
会社の上司は、部下の仕事内容、実務を理解してるでしょうか?
部下の仕事の邪魔をしてないでしょうか?
はっきり言えば、上司しか出来ない仕事なんて、ほとんどありません。
自分の立ち位置の見直し。やるべきこと、やるべきでないこと、のすみ分けが必要です。
上司の役割は、チームの処理可能な業務量を見極め、超過するものは自らフォローに入らないといけません。

上司が部下の仕事が分からないなんてことは、ありえないし、必要に応じてプレイヤーとなれる人でなければ
上に立ってはいけません。
いまだに管理することだけが自分の仕事だと思ってるバブル上司が多いのです。
管理と言っても、「仕事」の管理は必要ですが、ここでの問題点は、「人」の管理に集中してしまっていることです。

実務が分からない、的外れな質問、勘違い、自分が理解していないがためのミーティング・・・・。
これらの行為は、部下の時間を奪います。現場を混乱に陥れます。
このような上司は、これからの時代、淘汰されていく運命にあるでしょう。


業務の棚卸、プロセス、役割分担などを見直すことも大事ですが、
まずは上司の意識・行動を変えることで、大きな時間当たりの生産性を向上させることが可能なのです。


上司からのパワハラを攻略してストレスのない日々を送る方法

上司を思いのままに動かす講座
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

おとdrra

Author:おとdrra
おとのビジネス日記へようこそ!
日々の気づきや思ったことをアップしています。
ジャンルを問わず幅広く更新していきます。

みんな寒くなるとすぐに長袖着るんです。
こっちは1年のほとんどを半袖で過ごしてるっていうのに・・・。
一番ツライのは暑さ寒さよりもみんなの視線がイタイこと。
そんな絶好調に刺さる季節が近づいてます!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。