FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓迎会、懇親会で役立つお店選びのポイント3つ

実は仕事柄というか、会社の中の役割で、得意先との会食や懇親会、歓迎会、送別会、忘年会、新年会などなどのイベントのときに、
お店を選ぶ機会が多いのですが、そのとき押さえておきたいポイントというのが自分の中であります。

実践経験を通じて得たものを列挙します。
細かいところを挙げれば他にもいろいろありますが、ここは絞って3つだけ挙げます。


ポイント1 席が個室であること
やっぱり、まずはこれ。
会社でエライ人たちがいる中で、何が食べたい、飲みたいというよりも一番大事になってくるのが、
『個室』かどうかということ。なぜかというと、せっかくお金を出して飲み食いしてるんだから、より有意義なもの
にしたいと思ってるのが経営者の方々。じゃあ、有意義って何?というと、その場で会社の方針だったり、
近況報告だったり、幹部の決意表明だったりをしたり、得意先との接待であれば昼間では言えないことも
一つの空間を共有してる親密感、しかも会社では無い場所なので多少リラックスして臨める雰囲気から、
言いやすかったり、踏み込んだ話もできるというわけ。そこで、壁に耳あり障子に目あり・・
ではないけど、どこかで誰かが聞いてるかもしれない状況だと、落ち着いて話も出来ないし、
お互いうかつに会社名なんて出せない。なので最優先すべきは席。

ポイント2 料理の数
多過ぎても少なすぎてもダメ。
コース料理の場合、あらかじめ何品出るか分かってるけど、意外に読めないのがそのボリューム。
小皿に”ちょこん”と乗ってるものばかりだと、開始数分で「お料理はこちらですべてです」となってしまう。
「無くなったら頼めばいいじゃん」と思うかもしれないが、これが結構何を頼んだらよいのか迷ってしまう。
「これが食べたい」と言ってくれれば良いが、たいてい「何でもいいから」と言われる。
「何でもいいって何だよ」と心の中で叫び、日々同じような問答を繰り返してると思われる奥様方には感心する。
逆に、多すぎると食べることに一生懸命になってしまい、何の会だか分からないまま、お腹一杯になり、
ダラダラと時間が過ぎるのを待つはめにはってしまう。年齢高めの人に多くいるのが、人一倍もったいない精神が
強く、出されたものは完食するという人が結構いる。ものを粗末にしないというのは大事なんだが、
その結果、あとは横になってくつろぎたいという雰囲気になってしまい。中途半端な状態で終わってしまう。
結局、限られた時間の中という制約があるから、その時を濃いものにしようと思うが、間延びしても短すぎても
後味が悪く、なんとなくそのイヤな印象だけ残ってしまうのがもったいない。

ポイント3 飲み放題
ポイントというよりも注意点。お店によっては飲み放題にもランクがあり、一番下のランクを選ぶと、
ビールが生ビールではなく発泡酒か第3のビールだったり、お酒と言ってもサワーしか無いところもある。
最上ランクを選べば良いが、実際有名な地酒やプレミアムな焼酎ばかりを飲むわけではない。
よって上・中・下でいったら、”中”を選ぶわけだが、そこで先ほどの何か不都合なものが混じってるパターンがあるので注意が必要。

他にも書きたいことがありますが、それはまた別の機会に。
最後に一言。
後悔しないために「下見」は絶対行った方がいいですよ。


幹事さん必見!最近ではお店に行かなくても下見ができるサービスがあるんです!


店内が見えるグルメサイト【EPARKグルメ】













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

おとdrra

Author:おとdrra
おとのビジネス日記へようこそ!
日々の気づきや思ったことをアップしています。
ジャンルを問わず幅広く更新していきます。

みんな寒くなるとすぐに長袖着るんです。
こっちは1年のほとんどを半袖で過ごしてるっていうのに・・・。
一番ツライのは暑さ寒さよりもみんなの視線がイタイこと。
そんな絶好調に刺さる季節が近づいてます!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。